グローリー祈祷場でのユンソヒ憑依は本当?ドンウンが頼んだのか考察

当ページのリンクには広告が含まれています。

Netflixで現在配信中の韓国ドラマ『ザ・グローリー 輝かしき復讐」

後編配信の3月10日から1週間でネットフリックス世界ランキング1位を獲得している話題のドラマです。

本編の中で後半に物語のキーパーソンでもある「ユン・ソヒ」が祈禱場で、霊媒師に憑依するシーンが描かれいます

しかし物語を全て観たあとに視聴者はある疑問が浮かんだかと思います。

グローリー後半で霊媒師がユンソヒに憑依されたけど
あれは本当?霊媒師の演技?

この記事を読まれている方はこの疑問を持ちませんでしたか?

今回は霊媒師に憑依したのは本当にユンソヒなのか、はたまた菩薩様の演技だったのか、考察・調査したいと思います。

\この記事を読んでわかること/
  • 霊媒師がユンソヒに憑依されたのかどうかについて
  • 霊媒師が亡くなったかどうかについて

以降はネタバレを含みます。
グローリーをまだ観ていない方はご注意ください。

目次

韓国ドラマグローリー祈祷場のシーンの真実は?ユンソヒ憑依は本当か

現在Netflixで配信中の韓国ドラマ『ザ・グローリー 輝かしき復讐』

主人公が学生時代に壮絶なイジメに遭い18年経ってから復讐をするという物語です。

2023年3月に後編が配信され配信から1週間でNetflixの世界ランキング1位を獲得している話題のドラマです。

物語のラスボスであるイジメリーダーであったヨンジンが祈禱場へ向かうと菩薩様は大きな儀式があるとのことで立ち寄ることに。

そこで菩薩様は儀式を行いますが、儀式途中に18年前に亡くなっていたはずのユンソヒが菩薩様に
憑依しヨンジンを怖がらせる描写が描かれています。

これは果たして本当に憑依されているのか、調査したところ、恐らく、「憑依は(ドンウンの指示による)演技」であることが濃厚ということが分かりました。

憑依は菩薩様の演技の理由は?

菩薩様の憑依が演技の理由は?

14話目で、パクヨンジンの母親は、自身を追い詰めていたカンヒョンナムの夫であるイ・ソクジェを計画的に車で跳ねます。

その際にヨンジンの母を手伝ったのがヨンファ堂の巫女・菩薩様です。

そしてドンウンは後をつけていたのでその姿を目撃しています。

この事を武器にし、近づき、自分に服従させている可能性が高いです。

上記の内容自体は直接描かれていませんが、近づいた後、ヨンジンの前で憑依という物語の繋がり方からみて、ドンウンがわざと頼んだことに違いないでしょう。

しかしながら、儀式の最中に、菩薩様が心臓発作を起こし倒れるシーンが描かれています。

そして、菩薩様は「ここに、女が・・」と目の前に誰かが居ることを発します。

その際、ドンウンはとても驚いた表情を見せます。

おそらくドンウンにも予想外のこと(=ユンソヒの霊が本当にいる)が起きたのでしょう。

以上の事から、憑依はドンウンが頼んだ演技であるが、菩薩様が倒れたのは予想外だった。

本当にユンソヒの霊が現れたと考えられます。

グローリー祈祷場の菩薩様は亡くなった?

途中で倒れた菩薩様ですが、亡くなったような描写がありましたが、これも演技なのでしょうか。

ユンソヒを観たあとに、心臓発作のような描写があったので、ドンウンに指示された演技ではなく、本当に亡くなってしまったのでしょう。

しかし、亡くなった原因は、はっきりと描かれていません。

その為ユンソヒが憑依し、亡くなったという考えもできますが、直接菩薩様がユンソヒをイジメていたわけでもないので殺害する理由はありませんよね。

なので菩薩様は、本当にユンソヒの霊が現れたのを見てしまい、衝撃で心臓発作が起こりショック死のようなものを起こしたのではないでしょうか。

グローリー祈祷場の描写の意味について

今回祈祷場で菩薩様にユンソヒが憑依する描写の意味についてどういう意味があったのでしょうか。

やはり、ヨンジンに恐怖心を感じさせることが目的だったのではないでしょうか。

ヨンジンはどんな手を尽くしても中々屈しませんでした。

しかし、ヨンジンが、小さい頃からお世話になっている菩薩様に言われたことや憑依した姿を見ると信じてしまいますよね。

そういうところに目をつけたドンウンが、敢えて菩薩様を利用しヨンジンの周りからも攻めることができることを見せたシーンでもありますね。

SNSではこの描写も「おもしろい」という声もありました!

まとめ

今回はNetflixで現在配信中で、配信中の『ザ・グローリー 輝かしき復讐』。

本編後半に祈禱場の菩薩様が霊に憑依されて最後は亡くなってしまうシーンが描かれていますが
憑依が演技なのか、本当に憑依されたのかについて調査しご紹介しました。

菩薩様に憑依したとされるのは、物語のキーパーソンでもある「ユン・ソヒ」ですが憑依は演技が濃厚ではないかとされています。

理由としては、菩薩様はヨンジンの母のある手伝いをし、その手伝いをドンウンにみられており、弱点を握られました。

そしてその弱点で菩薩様に条件を持ちかけ、
ヨンジンの前で演技するよう頼んだのではないかと考察
されています。

また、その後菩薩様は亡くなってしまいますが、それはユンソヒの憑依ではなく本当に目の前にユンソヒの霊を観たことで驚き心臓発作が起き亡くなった可能性があります。

この記事を読んで改めてみたいと思った方もいるのではないでしょうか。

この記事を読んで改めてみたいと思った方もいるのではないでしょうか。

2,3周しても面白いドラマなので、ぜひご覧ください^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次