グレイトギフトの意味は?タイトルはドイツ語?元ネタや原作についても

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年1月18日より放送が始まった反町隆史さん主演のドラマ「グレイトギフト」

大学病院に勤める病理医の藤巻(演:反町隆史)はある患者の不審死をきっかけに、完全犯罪に繋がる『殺人球菌』を発見。

やがて『ギフト』と呼ばれる球菌をめぐり、院内で起こる権力争いや、連続殺人事件に巻き込まれていくことになります。

グレイトギフトのタイトルは放送後SNSで話題になっていましたが、実際どんな意味があるのでしょうか。

気になっている方多いと思いますので、調査しご紹介したいと思います。

グレイトギフトの意味ってなに?原作とかがあるのかな?

\この記事を読んでわかること/
  • グレイトギフトのタイトルの意味について
  • グレイトギフトに原作があるかについて
  • グレイトギフトの脚本家について
目次

グレイトギフトの意味は?タイトルはドイツ語?

2024年1月18日(木)より放送スタートした反町隆史さん主演のドラマ「グレイトギフト」

タイトルの「グレイトギフト」の意味は一体何を現しているのでしょうか。

直訳すると「素晴らしい贈り物」と訳せますが、実はタイトルはドイツ語で現しているのではないかということが話題になっています。

1話目最後に白鳥(佐々木蔵之介)が殺人球菌を「ギフト=贈り物」として話していました。

しかし、今期ドラマで金曜日に放送している桐谷健太さんの主演ドラマ「院内警察」でドイツ語で「ギフト=毒」ということが出てきて、SNSでは「そっちの意味だった!?」と話題になっていました。

実際はSNSで話題になっているので公式が発表したわけではありませんが、
「ギフト」には2つの意味を持っている
のでしょう。

「グレイト」は、反町隆史さんといえばのドラマ「GTO」でのセリフ「グレートだぜ」から取っていて、院内警察で分かった、「ギフトが毒」という噂がありますが英語で「毒=poison」となりこちらもGTOの主題歌で反町隆史さんの人気曲ですよね。

色々絡めているのではというはSNSでも話題です。

グレイトギフトの原作はある?元ネタやモデルについて

グレイトギフトに原作はあるのでしょうか。

グレイトギフトは原作はなく、オリジナルドラマとなっています。

元ネタや、モデルについても調査してみましたが、ストーリーについては完全オリジナルで特に元ネタなどはないようです。

インタビューでも脚本家の黒岩勉さん自身が殺人球菌は存在しない(モデルはない)と明かしています。

現実には存在しない殺人球菌という“大きな嘘”が物語の鍵を握っているため、その周囲に関するものは徹底的に現実味を持たせることを意識している。

引用元:日経トレンド

グレイトギフト脚本家は黒岩勉!ストーリーの展開に期待

グレイトギフトの脚本家は黒岩勉さんです。

黒岩勉さんと言えば、数々のヒットドラマや映画を担当しているので知っている方多いのではないでしょうか。

個人的には、黒岩勉さんの脚本のドラマにハズレなしと思っているほどです‼

黒岩勉さん脚本担当ドラマ

<ドラマ>

  • ライアーゲームseason2
  • ストロベリーナイト
  • ようこそ、わが家へ
  • モンテ・クリスト伯
  • グランメゾン東京
  • TOKYO MER
  • マイファミリー
  • ラストマン

<映画>

  • ライアーゲーム
  • 謎解きはディナーの後で
  • キングダム
  • 劇場版アニメ「ONE PIECE(FILM GOLD/FILM RED)

実はほとんどが大人気ドラマや映画なんですよね。

そして、黒岩勉さんのストーリーは何といっても「考察」ができる物語が多い事です。

私自身ですがライアーゲームも今のようにSNSが普及していませんでしたが、学校や仕事場で考察を話していました(笑)

そして、大ヒットした「マイファミリー」はご存じの通りSNSでの考察が話題となりましたよね。

他にも2015年にヒットした月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」も最終回まで犯人が分かることなく考察で盛り上がりました。

その為、今回のグレイトギフトについても犯人考察が盛り上がると期待されています!

黒岩勉さんの作品をいくつか見るのに特にオススメなのは、31日間の無料期間があるU-NEXTです。

ドラマや映画、格闘技などが31日間見放題で、付与されるポイントでチケットの購入も可能ですよ♪

\ 無料登録で600円分ポイントもらえる /

無料期間中に解約すれば料金一切かかりません

まとめ

今回は2024年1月18日よりスタートした反町隆史さん主演のドラマ「グレイトギフト」についてタイトルの意味や、原作についてなど調査しご紹介しました。

  • グレイトギフトはある患者の死をきっかけに、権力抗争や、殺人事件に巻き込まれていく物語です。
  • タイトルの意味は直訳すると「素晴らしい贈り物」となり、1話目ラストに殺人球菌が「ギフト=贈り物」だと話していましたが、別ドラマで「ギフト=毒」と明かされ、SNSでは毒の意味もあるのではと話題に
  • 原作はなく、完全ドラマオリジナルのストーリーとなります。実際に殺人球菌があるわけでもなく、描かれている球菌についてもオリジナルのようです。
  • 脚本家は、これまで数々の大ヒットドラマや映画を担当している黒岩勉さんで、黒岩勉さんのドラマは考察が盛り上がる作品が多いため、今後の展開に期待されています。

1話目から衝撃の展開でしたが、今後どうなっていくのでしょうか。

タイトルの回収はされるのでしょうか。楽しみにしておきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次