光る君へ紫式部はなぜまひろ?名前の由来や意味と本名藤原香子との関係について

当ページのリンクには広告が含まれています。

吉高由里子さん主演の、2024年の大河ドラマ「光る君へ」

主人公は世界最古の長編小説とも言われる『源氏物語』の作者である紫式部がモデルです。

しかし、紫式部の名前が「まひろ」という名前で、現代っぽい名前で違和感を感じた方が多いのではないでしょうか。

一体なぜ、まひろなのでしょうか。

今回は、由来や意味について、本名(藤原香子)との関係について調査しご紹介します。

\この記事を読んでわかること/
  • 光る君への紫式部の名前がなぜ「まひろ」なのかについて
  • 「まひろ」に対して視聴者の意見について
  • 紫式部の本名について
目次

光る君へ紫式部の名前はなぜまひろ?由来や意味について

「光る君へ」は、2024年のNHK大河ドラマで、吉高由里子さんが主演のドラマです。

平安時代を舞台に、主人公・紫式部の生涯を描いています。

紫式部といえば、世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」を生み出した女性です。

光る君へでは、主人公の紫式部の名前が「まひろ」と名付けられていました。

歴史上にも紫式部の名前が「まひろ」という名について記載がないため、驚いた方も多いと思います。

一体なぜ紫式部の名前が「まひろ」と呼ばれているのか、由来や意味について調査しました。

紫式部がまひろの由来や意味

プロデューサーの内田ゆきさんが名付けました。

由来・意味としては「心に燃える何かを持っている個性的な主人公にしたい」ということで

『まひろ』と名付けたと話されています。

上記のようにプロデューサーがオリジナルで、考えた名前のようです。

大河ドラマ『光る君へ』を見るのに特にオススメなのは、31日間の無料期間があるU-NEXTです。

ドラマや映画、格闘技などが31日間見放題で、付与されるポイントでチケットの購入も可能ですよ♪

\ 無料登録で600円分ポイントもらえる /

無料期間中に解約すれば料金一切かかりません

光る君へ紫式部がまひろなのは違和感?現代的でおかしいという意見も

プロデューサーがオリジナルで名付けた「まひろ」という名前。

しかしながら、「まひろ」という現代的な名前で、視聴者は少し違和感を感じているようです。

確かに、SNSを見ると違和感を感じている方が多くいらっしゃいました。

昭和頃までは女性の名前には「〇〇子」と「子」が付くイメージが多く、また現代の名前は「ひらがな名」や「子」が付いていない名前が多く、そのため「まひろ」という名前は現代っぽく感じることから、違和感を覚えるようですね。

現代の方たちにも大河ドラマを身近に感じてほしいという思いがあって、現代風の名前を付けたのではないでしょうか。

著:大石 静, 編集:NHK出版, 読み手:NHKドラマ制作班
¥1,320 (2024/01/11 20:37時点 | Amazon調べ)

光る君へ紫式部の本名は?藤原香子と言われている理由について

では、紫式部の本名は何なのでしょうか。

ネットで検索すると

紫式部の本名=藤原香子

と言われていますが、本当なのでしょうか。

結論:本名が藤原香子かどうかは確実ではない。

実は、平安時代の多くの女性の名前は有名な方でも、判然しないことが多いと言われています。

平安時代前後、「名前」は本人の人格・魂をあらわす言葉であり、男女問わずむやみに表に出すものではないとされています。

その為普段は通称としての仮名や官名を使っています。

なので、紫式部の本名も藤原香子かどうかがあいまいという事になっています。

では、なぜ紫式部の本名が「藤原香子」と言われているのでしょうか。

なぜ藤原香子と言われている?理由について

紫式部の父親が藤原道長であることから、「藤原香子」と呼ばれています。

しかしながら、紫式部が実際に藤原道長の娘であるかどうかについては現在も疑問視されており、伝承や創作の可能性があります。

また、他にも、「御堂関白記」の中に出てくる「藤原香子」が紫式部の本名ではないかと角田文衛博士は言っていたようです。

はっきりはしていないものの父親の名前や、御堂関白記の内容から条件は一致しているようなので、おそらく言われている通り「藤原香子」なのでしょう。

著:倉本 一宏
¥1,298 (2024/01/11 21:04時点 | Amazon調べ)

まとめ

今回は2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」の主人公の紫式部の名前が「まひろ」ということについて、由来や、視聴者の意見、また、本名について調査しご紹介しました。

  • 吉高由里子さんが演じている主人公・紫式部の名前が「まひろ」ということについて歴史上にも「まひろ」ということは記されていないため、由来を調査しました。
  • 「まひろ」はプロデューサーの内田ゆきさんがオリジナルで付けた名前です。
  • 由来・意味としては「心に燃える何かを持っている個性的な主人公にしたい」だそうです。
  • しかしながらSNSでは「まひろ」という名前が現代っぽすぎて違和感があると声があがっています。
  • 実際、紫式部の本名は「藤原香子」と言われていますが、確実という訳ではありません。
  • なぜ藤原香子と言われているのかというと、父親が「藤原道長」であることや、御堂関白記の記載内容から「藤原香子」ではないかと言われています。

平安時代前後は名前をほとんど表に出さないというのは凄いですね。

2024年大河ドラマ1話目から話題なのでぜひ見てみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次