今際の国のアリス2ジョーカーの意味考察!最後ラストシーン死神の正体とは

ネットフリックスで12月22日から配信開始の「今際の国のアリスシーズン2」

2020年にシーズン1が配信され、全世界でも話題の作品が2年経ちついにシーズン2が配信されました。

シーズン1を越えてアクション要素やキャストが豪華になり配信1週間足らずですが、すでに90か国でTOP10入り、9か国でランキング1位を獲っています。

そんな今際の国のアリスのラストシーンがSNS上で話題になっているのをご存知ですか?

今回は話題になっているラストシーンについて考察をしていきたいと思います。

\この記事を読んでわかること/
  • 今際の国のアリスのラストシーンの意味について
  • ジョーカーの正体について
目次

Netflix今際の国のアリス最後のシーンの意味は?

Netflixで2022年12月22日から配信が開始になった「今際(いまわ)の国のアリス」

配信が開始されて1週間ちょっとで、Netflixのランキングで9か国で1位を獲っていて、とても今話題の作品です。

シーズン2では、シーズン1以上に豪華なキャストが大集合し、アクションもさらに迫力があり、見ごたえ抜群となっています!

そんな中、物語の最後の最後に映る「ジョーカー(死神)」のカードがSNSで何だったのかという話題になっています。

これより先はネタバレや考察を含んでおりますのでまだ今際の国のアリスシーズン2を全て見ていない方は注意ください。

今際の国のアリスシーズン2あらすじとラストシーンネタバレ

今際の国のアリスシーズン2あらすじ

シーズン1で絵札以外のトランプを全て集めたアリスたちは残る絵札をかけて「げぇむ」の続きを始める。

各絵札のげぇむを進めながらアリスたちがいる国(今際の国)の正体を探します。

しかし、「くらぶのきんぐ」や「すぺーどのくいーん」から中々聞き出すことはできません。

果たして、アリスたちはすべてのげぇむをクリアし、この国の正体についてわかるのか…。

ここからはラストシーンのストーリーと、話題の「ジョーカー」についての考察になります。

ラストシーンネタバレ

アリスたちは、最後にミラに勝つことができ、ミラから「(正体)はこの後の2択でどちらを選んだとしてもわかる」といわれました。

その2択は「この国の永住権を「得る」「得ない」」という2択でした。

アリスたちは「永住権を得ない」と選択

すると現実の世界に戻ってきました。

実は、物語の冒頭、謎の国に行った時、小隕石が渋谷に落ちてきて、事故に巻き込まれていて生死を彷徨っていた(心拍停止)のでした。

この事故で1日心拍停止していた人達が「今際(いまわ)※」の国に行っていたのです。

しかし、現実で心拍が停止していたのでアリスたち本人には記憶がありません。

アリスは病院で再びウサギと出会い、仲良くなり、散歩していると最後に中庭のテーブルにトランプが。

「JOKER」のカードが映り、本編終了となります。

今際=死に際、臨終。最期。 いわゆる、三途の川ですね。

最後に「JOKER」だけが映り謎のまま本編が終了し、SNSでは、続編があるのか?ジョーカーの正体は何なのか考察が繰り広げられています。

ラストシーン「ジョーカーの正体」の意味考察!

ラストシーンのジョーカーの正体は果たして何だったのでしょうか。

SNS上で有力な考察がありましたので、紹介します。

  1. ジョーカー=「人生」という最後のげぇむ
  2. ジョーカー=今際の国の中間管理職

一つ一つ考察の詳細をみていきたいと思います。

考察①ジョーカーは「人生」という最後のげぇむ

考察の1つ目は「ジョーカー」が「人生」という最後のげぇむだという考察です。

「人生」というのは、山あり、谷ありというほど、難しいものですよね。

そういった意味では一番クリアするのが容易ではないという意味で、ラストゲームという意味で、トランプの最終兵器「JOKER」として使用しているのではないかということです。

考察としては非常にスッキリしますよね!!

考察②ジョーカーは今際の国の中間管理職

2つ目の考察はジョーカーは今際の国の中間管理職という説です。

こちらは映画では描かれていませんが、原作でアリスがジョーカーをさらに上位の存在から今際の国の運営をまかされている存在ではないかと話しています。

映画でも原作同様「ジョーカーは要る」という設定を演出にし最後にジョーカーを映しシーズン3への伏線なのかもしれません。

まとめ

今回はNetflixで12月22日から配信が始まった「今際の国のアリス シーズン2」

そんな今際の国のアリスのシーズン2のラストシーンの「ジョーカー」の正体について
ネタバレと考察を紹介
しました。

ラストシーンのジョーカーは、
各げぇむを行ってきたアリスたちにとって最大難関である「人生」という意味であるという考察

原作と同じジョーカーは「(今際の国の)中間管理職」であるということを示し、シーズン3への伏線になっている。

考察としてはどちらも非常に可能性のある考察ですが、しっくりくるのは前者の「人生」がラストゲームということですね。

しかしながら、もし後者であれば、
今後シーズン3が制作される可能性は非常に高いと思われます♪

もしかすると制作発表があるかもしれませんので
公式の動きをチェックしておきましょう♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次