崎陽軒の工場見学が予約できない?倍率とキャンセル待ちの方法を調査

崎陽軒は横浜のソウルフード「シウマイ弁当」として有名ですよね。

崎陽軒はシウマイ弁当だけでなく、工場見学も人気なんです!

崎陽軒の工場見学は、崎陽軒の歴史やシウマイ弁当の製造工程を見ることができ、最後には出来立てのシウマイを試食付きで
子どもも大人も楽しめるプログラムで一度は行ってみたいですよね♪

工場見学の面白さもあり大人気で予約がなかなか取れないと言われてます。

どうやったら予約ができるのか気になりますよね。

崎陽軒の工場見学がスムーズにできるコツがあるんです!

こちらの記事では崎陽軒の工場見学の予約のコツやキャセル待ちの方法についてまとめています。

\この記事を読んでわかること/
  • 崎陽軒の予約のタイミングのコツ
  • 工場見学の倍率やキャンセル待ちについて
目次

崎陽軒の工場見学が予約できない!予約のタイミングのコツは?

崎陽軒の工場見学は子どもも大人も楽しめるだけあり、かなりの人気があります。

先日のHTBの深夜バラエティー番組「おにぎりあたためますか」でも工場見学の様子が放送されましたね。

工場見学の予約方法は、公式ホームページ内にある予約専用サイトで行うことができスマホでもパソコンでも予約は可能です。

電話ではできませんので注意してくださいね。

工場見学の予約は見学予定日の3ヶ月前の同日0時から予約することができます。

例えば3月1日に見学に行きたいのであれば、3ヶ月前の12月1日の午前0時を回ってからできるということです。

工場見学は予約がすぐに埋まってしまうほどの人気ぶりです。

崎陽軒の公式 ホームページでは予約状況を確認することができますが、直近の1〜2ヶ月はほとんど予約が埋まっている状況です。「今週末に工場見学に行きたい」と思っても予約はできない可能性が高いです。

予約は見学日の3ヶ月前の午前0時のタイミングで申し込みをすることをおすすめします。

予約のタイミングは見学予定日の3か月前の午前0時がおすすめ

崎陽軒工場見学の倍率はどのくらい?

崎陽軒の工場見学の具体的な倍率はどのくらいなのでしょうか?

実は見学予定日の3ヶ月前に予約手続きをしたとしても、予約の手続き中にもかかわらず満席になることはよくあるようです。

崎陽軒の工場見学の開催日は毎月月末、年末年始を除く、火・水・金・土曜日です。

開催時間は、9:00~10:30、10:30~12:00、12:30~14:00、14:00~15:30の4回で
所要時間は約90分です。

催行人数は1~45名で、各回最大45名の見学が可能で、1日最大180名の見学が可能です。

それでもキャンセル待ちが100名以上になることもあるようです。

今回はTwitterのフォロワーの人数から倍率の計算をしてみました!

Twitterのフォロワー数が現時点で20,762人です。

崎陽軒の1日の最大見学人数は180人、1週間のうち4日間が見学開催日となっているので
1週間で最大720人が見学できます。

1ヶ月間はおおよそ4週間あるので1ヶ月の最大見学人数は2,880人です。

Twitterフォロワー数(20,762人)÷1ヶ月の最大見学人数(2,880人)=倍率(約7.4倍)
となります。

7人に1人の確率で見学予約ができるということになりますが曜日や時間帯によっては倍率は上がり、
過去には31倍だったこともあるようです。

見学予約の倍率は約7.4倍と高倍率!

崎陽軒工場見学のキャンセル待ちについて

申し込み中に満席になってしまった場合、あきらめて画面をそっと閉じてはいませんか?

実は、満席になってしまった場合はキャンセル待ち予約というものができるようになっています。

キャンセル待ち予約の流れは、

①予約情報入力後、内容の確認に行く前に満席の場合、
「ご希望の条件では予約できません。キャンセル待ちのご登録となります。現在の待ち人数は約○○人です。」
というアナウンスが出ます。

②そのままキャンセル待ち登録のボタンを押すとキャンセル待ち予約が完了します。

③登録時に入力したメールアドレスにキャンセル待ち完了メールが届き、キャンセルがあり空きが出た場合に
見学可能のメールが届きます。

ここでキャンセル待ちだったのを予約完了にする裏ワザもご紹介!

予約情報入力時に来場手段を選択する項目があります。

来場手段を自家用車にしている場合、工場の駐車場は3台までしか。めることができません。

すでに自家用車でくる方の予約が埋まっている時点でキャンセル待ちになってしまいます。

ここを自家用車でない方法に変更すると予約できるなんてこともありますのでできるだけ車でない方法を選択してみることを
おすすめします。

・満席になっても諦めず、キャンセル待ち予約をしておく
・来場方法はできるだけ自家用車以外の方法がおすすめ

まとめ

崎陽軒の工場見学は子どもも大人も楽しめるだけあって予約がなかなか取れないほどの人気ぶりでした。

予約のタイミングは見学予定日の3ヶ月前の午前0時には予約手続きをしておくことをおすすめします。

予約の倍率は日にちや時間帯によっても変わりますが、キャンセル待ち100人以上になることもあるほどの
高倍率です。

キャンセル待ちになった場合は自動的にキャンセル待ちの受付に切り替わるようになっているので諦めずに早めにキャンセル待ちの手続きをしてしまうことをおすすめします。

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次