ラッパと娘バドジズデジドダやバンジの歌詞の意味は?ジャズのスキャットやアドリブについても

当ページのリンクには広告が含まれています。

女優・趣里さんが主演をつとめる、2023年度後期の朝ドラ「ブギウギ」が放送中です。

作中で主人公・スズ子がパフォーマンスする、笠置シヅ子さんの楽曲「ラッパと娘」はとてもカッコイイですよね!

歌詞に不思議な言葉がたくさん出てきますが、一体どんな意味なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は「ラッパと娘」の歌詞やタイトルに込められた意味などを調査していきます!

ラッパと娘の歌詞の意味は?
タイトルはどんな意味があるの?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 笠置シヅ子「ラッパと娘」不思議な歌詞について
  • 笠置シヅ子「ラッパと娘」タイトルや楽曲に込められた意味とは
目次

ラッパと娘の菓子バドジズデジドダやバンジの意味は?

女優の趣里さんが主演をつとめ2023年度後期の朝ドラ「ブギウギ」が放送中ですね!

ブギの女王」と呼ばれた笠置シヅ子さんが題材となっていて、毎回圧巻のステージシーンが話題になっています♪

中でも、

ラッパと娘

のパフォーマンスはとてもかっこいいですよね!

「ラッパと娘」は1939年に発売された笠置シヅ子さんの楽曲です。

この楽曲の歌詞には、

バドジズ デジドダ
ダドジパ ジドドダー
エジエジドダー
バンジ バンジ バンジ
ダドダドー

など不思議な言葉がたくさん出てきますよね!

これらの言葉が一体どんな意味なのか、気になっている方も多いのではないでしょうか?

「ラッパと娘」の「バドジズ デジドダ」や「バンジ」などの歌詞は、

意味のない言葉

です!

声を楽器の1つとして表現する、

スキャット

なんですね!

ラッパと娘の歌詞はスキャット!アドリブの歌詞が多いのはなぜ?

朝ドラ「ブギウギ」で話題になっている、和製ジャズの名曲「ラッパと娘」。

歌の歌詞に出てくる「バドジズ デジドダ」や「バンジ」などの言葉は、

スキャット

で、言葉としての意味はありません

スキャットとは…
歌唱法の1つ。
意味のない言葉をメロディーに合わせて即興的に歌うこと。

いわばスキャットは、

声を1つの楽器の音

として表現する方法なんですね♪

「ラッパと娘」の楽曲を手がけたのは、

作曲家・服部良一さん

です。

朝ドラ「ブギウギ」では、服部良一さんをモデルとした羽鳥善一役草彅剛さんが演じていますね^^

歌詞にスキャットを取り入れたのも、

服部良一さんのアイデア

だったようです!

「ラッパと娘」は歌詞のおよそ半分がスキャットで歌われています。

こんなにもスキャットが多く取り入れられてるのは一体なぜでしょうか?

それは、

歌手・笠置シヅ子の
自由な楽しさを表現するため

ではないかと思います!

朝ドラ「ブギウギ」において、この「ラッパと娘」のレッスンシーンで主人公・スズ子(趣里さん)に対して、

楽しんで歌っているのか?

と、羽鳥善一(草彅剛さん)が何度も聞いているんですね。

楽曲を手がけた服部良一は、この「ラッパと娘」が笠置シヅ子の新しい道を開くと信じていたのではないでしょうか。

なので、

・笠置シヅ子自身が心から楽しむこと
自由に表現すること

のために、スキャットを多く取り入れたのではないかと思います^^

ラッパと娘の楽曲タイトルにこめられた意味や元ネタは?

現在放送中の朝ドラ「ブギウギ」で披露される「ラッパと娘」は、およそ半分の歌詞にスキャットを取り入れてますね♪

パフォーマンスの中盤にあるトランペットの演奏もとてもかっこいいですよね!

タイトルの

ラッパと娘

には、どんな意味が込められているのでしょうか?

この「ラッパと娘」は、1939年に発売された

笠置シヅ子さんの楽曲

です。

戦前の和製ジャズの名曲で知られ、それまで松竹歌劇団で活躍していた笠置シヅ子さんにとって、新たに

ジャズシンガー

としての魅力が世に知れ渡った作品でもありますね!

メインアーティスト:笠置シヅ子
¥250 (2024/01/29 21:51時点 | Amazon調べ)

ジャズの誕生の歴史には、

奴隷の解放
軍楽隊の楽器が流通

などが関係しているんですね。

そしてジャズの音楽には、このスキャットのようにアドリブも多く、

自由な演奏

が特徴の1つでもあります。

楽曲のタイトル「ラッパと娘」とは、

ジャズの音楽と笠置シヅ子

と置き換えられ、ジャズの音楽によって、

・笠置シヅ子が自分を解放する
・ジャズの楽しさを心から味わい表現する

などの意味が込められていいるのではないでしょうか♪

ラッパと娘が頭から離れない人が続出!朝ドラの人気がすごい

現在放送中の朝ドラ「ブギウギ」では、様々なパフォーマンスシーンが毎回話題になっていますね。

その中でも、和製ジャズの名曲「ラッパと娘」が特に人気のようです^^

「ラッパと娘」は作曲家・羽鳥善一がスズ子のために作った楽曲で、

スズ子がジャズの楽しさを心から感じる

きっかけとなった作品ですね!

これまでの放送で、様々なバージョンが披露されています^^

1月23日に放送された第78回では、スズ子が料理をしながら歌う「ラッパと娘・台所バージョン」が披露されました!

放送を見た視聴者からは、

古き良き時代のミュージカルを見てるみたいだった。凝った編曲に思わずウキウキした!

お料理しながらラッパと娘♪やっぱりスズちゃんの歌はウキウキ心弾ませてくれる!

ラッパと娘の台所バージョン、フルで見たい!

などの声が上がっています!

見ていてとてもわくわくしますよね^^

朝ドラ「ブギウギ」で披露される「ラッパと娘」は、

・思わず踊りたくなる
・とにかく楽しい
・ついつい口ずさんでしまう

など、楽曲に元気をもらっている方がとても多いようですね!

まとめ

女優・趣里さんが主演をつとめる朝ドラ「ブギウギ」。

作中で披露される「ラッパと娘」の歌詞に出てくる不思議な言葉は、スキャットです!

スキャットとは、声を楽器の1つとして表現する歌唱方法ですね。

なので、歌詞の言葉の意味はありません!

「ラッパと娘」は1939年に発売された笠置シヅ子さんの楽曲です。

歌詞にスキャットが多く取り入れられているのは、

歌手・笠置シヅ子の
自由な楽しさを表現するため

ではないでしょうか。

さらに、「ラッパと娘」は「ジャズの音楽と笠置シヅ子」と置き換えられ、

ジャズの楽しさを心から味わい
自分を解放する

などの意味がタイトルに込められているのではないかと思います!

「ブギウギ」の視聴者の中には、とにかく楽しく、思わず踊りたくなるような「ラッパと娘」に元気をもらっている方がとても多いようですね^^

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次