ワンピース実写どこまで何話まで?シーズン2続編はあるのか

当ページのリンクには広告が含まれています。

Netflixで2023年8月31日より、全世界で大ヒット漫画・アニメの「ONE PIECE(ワンピース)」の実写化の配信が始まりました。

配信前から期待の声が多く、配信が始まってからもSNSで「#実写版ワンピース」がトレンド入りするなど、話題作となっています。

ワンピースは原作漫画では100巻を越えていたり、アニメでは1000話を越えていますが、実写版ワンピースはどの辺りまでの配信なのでしょうか。

今回は実写版ワンピースがどこまでの配信で、原作やアニメだと何巻・何話あたりまでなのか調査しご紹介します。

実写版ワンピースってどこまでやるの?
アニメだと何話まで?シーズン2もある?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 実写版ワンピースがどこまでの配信なのかについて
  • 原作だと何巻あたりかについて
  • アニメだと何話あたりかについて
  • シーズン2(続編)はあるのかについて
目次

実写版ワンピースどこまで?

尾田栄一郎さん原作の、大人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」がついに2023年8月31日よりNetflixで実写配信が始まりました!

世界で注目されているONE PIECEですが、実写配信のワンピースはどこまでの配信なのでしょうか。

結論:ルフィが賞金首になるところまで!

ルフィが賞金首になるところというのは、イーストブルー編までが描かれています。

こちらが実写版ワンピースの各話タイトルです。

話数タイトル
第一話「ROMANCE DAWN」
第二話「THE MAN IN THE STRAW HAT」
第三話「TELL NO TALES」
第四話「THE PIRATES ARE COMING」
第五話「EAT AT BARATIE!」
第六話「THE CHEF AND THE CHORE BOY」
第七話「THE GIRL WITH THE SAWFISH TATTOO」
第八話「WORST IN THE EAST」

第一話では、ルフィの旅立ち、第二話で、ナミとの出会いやバギー戦、以降3話~7話目までで、ウソップとカヤの物語や、ゾロやサンジの過去など、そして最終話である第八話でアーロン戦までが描かれて、ラストは賞金首になり、手配書が世界に出回るところで終わります。

原作とアニメだと何巻・何話まで?

実写版ワンピースは8話まででイーストブルー編が終わるところまで描かれているとのことですが、原作とアニメではそれぞれ何巻・何話になるのでしょうか。

原作漫画の1巻~11巻まで

実際にイーストブルー編が描かれているのは、12巻までとなりますが、実写ワンピースは11巻までとなります。

アニメでは1話~45話まで

アニメでもイーストブルー編は61話までありますが、今回はルフィ達が賞金首になったところで終わっており、ちょうどアニメ45話「賞金首!麦わらのルフィ世に知れ渡る」までとなっています

なぜ原作12巻・アニメ61話まで配信されなかった?
→おそらく、賞金首になった後~グランドラインへ入るまでの登場人物が以外に多いものの、物語の主要人物ではないため、カットした可能性が高いと考えられます。

漫画「ONE PIECE」を読むならebookがおすすめです♪
80万冊を超える国内最大級の電子書籍販売サービスです。

\最大6回使える!【70%OFFクーポン】配布中/

/常時2,800冊超の無料のマンガあり\

ワンピース実写版シーズン2続編はある?

一番気になるのは、イーストブルー編までの配信で、今後続編が配信されるかどうかですよね。

残念ながら現時点(2023年9月)ではシーズン2の発表はされていません。

しかし、シーズン2の可能性は非常に高いと思われます。

もしシーズン2があった場合は恐らく、ローグタウン~アラバスタ編までは描かれると予想されています!

シーズン2が予想される理由は?
  1. ラストにスモーカー(後ろ姿のみ)映って匂わせている
  2. 配信している部分があまりにも序盤すぎる為
  3. 初日からランキング1位を獲っている為

理由①ラストにスモーカー(後ろ姿のみ)映って匂わせている

第8話の最後、ルフィ達が賞金首となったあと、スモーカーが葉巻タバコでルフィの手配書を燃やすシーンが映ってエンドロールになります。

後ろ姿のみで、服装などから「スモーカー」の登場に続編があることを匂わせているのではないかと言われています。

スモーカーは、イーストブルー編のその後ローグタウン編でルフィ達を追いかける重要人物となります。

理由②配信している部分があまりにも序盤すぎる為

2つ目の理由は配信している部分がイーストブルー編ということでONE PIECEの物語の序盤すぎる為、さすがに続編はあるだろうと言われています。

確かにONE PIECEは1000話を越えているアニメのうちの45話までとなると、約30分の1となります。

できれば一番キリがいい、頂上戦争あたり(新世界編前)までは描いてほしいですよね。

理由③初日からランキング1位を獲っている為

そして3つ目の理由は配信初日からランキングで1位を獲った為です。

やはり続編を創るにあたりシーズン1の評判がよくないと制作できないですよね。

ましてや本作は1話に対して26億円も製作費がかかっているだけあり、そう簡単には続編はできない状況です。

しかし、初日からランキング1位を獲っているので、「話題になっている」「多くの人が見ている」「人気」ということが分かります。

そして配信から1週間近く経過してもランキングは上位にいますので、続編制作の可能性はあると思われます。

まとめ

今回は実写版ワンピースについて、物語がどこまで配信されているのか、原作やアニメではどの辺りまでなのか、続編があるのかなどについて調査しご紹介しました。

  • 実写版ワンピースは全8話で、イーストブルー編でルフィが賞金首になり、手配書が世界に出回ったところで終わる
  • 原作だとイーストブルー編は12巻までだが実写版ワンピースは11巻までとなっている。
  • アニメもイーストブルー編は61話までだが実写版ワンピースでは45話までとなっている。
  • シーズン2の可能性は現時点で発表されていないが可能性は非常に高い
  • 理由は「ラストのスモーカー」「実写版ワンピースの物語が序盤すぎる」「Netflixでのランキングが1位」です。

できれば、すべてやってほしいところですが、さすがに長すぎるのでせめて新世界前までは描いてほしいですね♪

クオリティも高いのでエースや、ビビなど人気キャラクターの実写が見てみたいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次