芦田愛菜のバイオリンは本当に弾いてる?さよならマエストロの演技力について

当ページのリンクには広告が含まれています。

日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』が、2024年1月より放送されています。

第3話では、響役・芦田愛菜さんがバイオリンを演奏するシーンが登場して話題になっていますよね!

ドラマでの楽器演奏シーンは吹き替えを使う事が多いのですが、芦田愛菜さんのバイオリンは本当に弾いているのでしょうか。

今回は、『さよならマエストロ』芦田愛菜さんは本当にバイオリンを弾いてるのか、演技力についても見ていきたいと思います。

芦田愛菜は本当にバイオリン弾いてるの?
バイオリン監修は誰?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 「さよならマエストロ」芦田愛菜はバイオリンを弾いてるのか
  • 「さよならマエストロ」芦田愛菜のバイオリン監修は誰なのか
  • 「さよならマエストロ」芦田愛菜の演技力は

西島秀俊さん・芦田愛菜さんが出演しているドラマ『さよならマエストロ』は、U-NEXTで視聴できます♪

31日間の無料期間があるので、お試し登録もできますよ。

ドラマや映画、格闘技などが31日間見放題で、付与されるポイントでチケットの購入も可能です♪

\ 無料登録で600円分ポイントもらえる /

無料期間中に解約すれば料金一切かかりません

目次

さよならマエストロ芦田愛菜(響)のバイオリンの演奏は本当?

西島秀俊さん主演ドラマ『さよならマエストロ』が2024年1月からスタートしていますね。

<さよならマエストロ>

天才マエストロ・夏目俊平(西島秀俊さん)と、ある事件から不仲となった市役所勤務の娘・響(芦田愛菜さん)との音楽を通した親子愛が描かれているドラマ

ドラマの中で芦田愛菜さんがバイオリンを弾くシーンがあり話題になっていますが、本当に演奏しているのか気になった方もいらっしゃいますよね。

【芦田愛菜は本当に弾いてる?】
バイオリンは、プロの吹き替えによる演奏の可能性あり

調べてみましたが、芦田愛菜さんが本当に演奏しているのかについて公式発表はありませんでした。
(※2024年1月29日時点)

ドラマでの楽器演奏シーンは吹き替えが使用されることが多いです。

なので、芦田愛菜さんの演奏もプロによる吹き替えではないかと考えられています。

しかし、芦田愛菜さんはドラマの撮影前(2023年夏頃)から、役作りとしてバイオリンの練習をしていたということでした^^

さよならマエストロ芦田愛菜のバイオリン監修は誰?

日曜劇場『さよならマエストロ』に登場する芦田愛菜さんのバイオリン演奏シーンが話題になっています。

芦田愛菜さんのバイオリン監修をしているのは、バイオリン奏者の奥田雅代さんです。

<芦田愛菜のバイオリン監修>
奥田雅代さん

※写真:左から2番目の方

奥田雅代さんの生年月日などの詳細は不明でした。

奥田さんは、バイオリンを4歳の頃から習い始めており、音楽コンクール(中学校の部)では2位に入賞しています。

その後、東京芸術大学付属高校、東京芸術大学、同大学院を卒業し、海外へ留学していますよ。

1984年~2006年3月末の間は、東京交響楽団でバイオリン首席奏者を務めていました。

現在は、国立音楽大学付属学校や東京ジュニアオーケストラソサエティなどでの指導のほか、ソロや東京音楽大学特別アドバイザーなど、幅広く活動しているとのことです。

【主な受賞歴】

・第4回シェリング来日記念ヴァイオリンコンクール
…3位入賞

・第45回日本音楽コンクール
…3位入賞

奥田雅代さんと芦田愛菜さんの練習風景は、「さよならマエストロ親子の絆1時間SP」で放送されていましたよ♪


なお、『さよならマエストロ』の音楽監修は東京音楽大学の広上淳一さん、東京音楽大学が全面協力しています!

さよならマエストロ芦田愛菜の演技力について

TBSで放送のドラマ『さよならマエストロ』に、市役所勤務でバイオリン経験者の響役を芦田愛菜さんが演じています。

ドラマ第3話ではバイオリンを弾く姿があり、SNSでも反響がありましたよね!

そんな芦田愛菜さんの演技力について、SNSでは次のような声が上がっていましたよ。

バイオリンを弾く演技がダントツ。
本当にプロが弾いてるみたい。

芦田愛菜の演技はやっぱりスゴイ!
響のモヤモヤした感情が演技から伝わってくる

不安や怒りの感情表現が圧巻!
ヴァイオリン姿もキレイで鳥肌たった!

…と、劇中で響が涙を流して自分の気持ちを爆発させるシーンや、バイオリンを弾くシーンに注目が集まっていました!

芦田愛菜さんが子役の頃から見ているファンも多く、大人の女性へと成長した演技力が好評でしたよ♪

まとめ

日曜劇場『さよならマエストロ』でバイオリンを弾く芦田愛菜さんは本当に演奏しているのか、バイオリン監修や演技力についてまとめました。

芦田愛菜さんが演じる響がバイオリンを弾くシーンがありましたが、演奏シーンはプロによる吹き替えではないかと考えます。

芦田愛菜さんのバイオリン監修は、バイオリン奏者の奥田雅代さんです。

奥田雅代

4歳の頃からバイオリンを始め、中学校の頃に参加したコンクールで入賞。

東京芸術大学高校・大学・大学院の修士課を終了し、1984年~2006年は東京都交響楽団で第1バイオリン首席奏者を担当した。

現在はソロ、バイオリンの指導などで活動中。

『さよならマエストロ』での芦田愛菜さんの演技力に注目が集まっており、「感情表現が圧巻」「バイオリン演奏も本当に弾いてるみたいに上手い」とSNSで絶賛されていました。

ドラマでは、子役時代の芦田愛菜さんから大人の女性への変化も楽しめますし、バイオリンを弾いてる姿もとてもキレイでしたよね♪

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次