海猿の原作とドラマ映画の違いは?感想レビューについても

当ページのリンクには広告が含まれています。

ドラマや映画で人気だった『海猿』は、漫画が原作となっていますよね。

伊藤英明さんなどが出演していた実写『海猿』と、佐藤秀峰さんの原作漫画とは何か違いはあるのでしょうか。

また、原作と実写ドラマ・映画の感想やレビューも気になりますよね。

今回は『海猿』の原作とドラマ映画の違いは何か、それぞれの感想や口コミについて調査しました。

海猿の原作と実写は設定が違う?
原作と実写の感想レビューは?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 「海猿」原作マンガとドラマ映画の違い
  • 「海猿」原作マンガの感想やレビュー
  • 「海猿」実写の感想やレビュー
目次

海猿の原作漫画とドラマ映画の違いはある?

『海猿』は、伊藤英明さんや加藤あいさんが出演していた人気のドラマでしたよね。

BBOSCH
¥9,999 (2024/02/09 12:18時点 | Amazon調べ)

ドラマや映画化されていた『海猿』は、佐藤秀峰さんによる漫画が原作となっていますよ。

では、原作漫画とドラマや映画と何か違いはあるのでしょうか。

【原作と実写の違い】
・主人公・仙崎大輔のキャラ設定
・ヒロインの設定
・ストーリーの描かれ方

調べてみると、キャラクター設定やストーリーの描かれ方などの異なる点がありましたよ。

それぞれの違いについてご紹介していきますね。

※NHKで実写化された「海猿」は、国分太一さんが主演。

こちらは原作漫画が忠実に描かれていました。

※年齢設定などの多少の違いはあり

仙崎大輔のキャラ設定

『海猿』の原作とドラマ映画では、主人公・仙崎大輔のキャラクターイメージが異なっていました。

原作漫画
・身長は低め、泥臭いイメージ

ドラマ
・イケメンで高身長、爽やかな青年

実写版のドラマ映画では伊藤英明さんが主人公を演じていて、高身長・イケメンでしたよね!

しかし、原作漫画のイメージは、身長は低くて三枚目なキャラクターだと言います。

このように、主人公のキャラクター設定に違いがありました。

ヒロインの設定

ドラマや映画のヒロインは、加藤あいさんが演じていましたが、こちらの設定も違っていました。

原作漫画ドラマ映画
名前浦部美晴伊沢環奈
職業新聞記者デザイナー

以上のように、『海猿』原作と実写では、名前や職業などが全然違うものになっていましたよ。

ストーリーの描かれ方

『海猿』は、海上保安官の成長や友情、恋愛などが描かれた物語です。

原作漫画も映画ドラマも、海上保安官・仙崎大輔を中心にストーリー展開されています。

しかし、原作漫画の方が「リアルに描かれている」と言われていますよ。

原作漫画

・海上保安官の活動がリアルに描かれている

・内容も重い雰囲気

・緊迫感がある

『海猿』は海上保安官として人命救助を行うシーンがありますよね。

原作漫画では「全ての人を助けたい」と自分の仕事と向き合う姿がありますが、助けられなかった命などがリアルに描かれています。

ドラマ映画でも命と向き合う緊迫感は描かれていますが、原作漫画の方が「より現実的」だとされています。

なので、原作漫画を見てからドラマ・映画を見た方は…

原作とイメージが違う

と感じることがあると言いますよ!

海猿原作漫画の良い点と感想レビューまとめ

『海猿』漫画版の原作者は佐藤秀峰さん、原案は小森陽一さんです。

1999年から連載され2001年に完結している作品ですよ。

原作漫画ではどんな所が良かったのか、また、漫画の感想やレビューなども気になりますよね!

『海猿』原作の良い点と感想や口コミについて見ていきましょう。

原作漫画の良い点

『海猿』原作漫画の良かったところとして言われているのが下記の通りです。

<原作漫画の良い点>
・海猿の仕事がリアルに描かれている
・命の大切さなどが伝わる
・人の表情など絵柄も迫力がある

海上保安官の仕事のリアルさ、迫力のある絵柄が良かったと言われています。

重たいシーンも多いとのことですが、人の命の大切さなども描かれているので緊張感も伝わってくる作品になっていますよ。

原作漫画の感想

では、原作漫画の感想やレビューをご紹介していきます。

原作漫画を読んで、海上保安官の仕事など初めて知れたという感想が多くありましたよ。

「海猿が壮絶な仕事ってこと初めて知った作品」

「仕事の厳しさが伝わってくる」

「映画とは違うけど、面白かったし人に勧めたい漫画」

「ドラマや映画よりもリアル。実写では表現できないことも描かれている」

なお、原作漫画で「イマイチだった」「面白くなかった」という感想は特に見当たりませんでした。

評価も高く、人にオススメできる作品だと言われていました^^

海猿のドラマと映画の良い点と感想レビューまとめ

『海猿』は2004年に映画化され、その後続編としてドラマ化されている作品です。

・2004年 映画化
・2005年 同キャストによる連ドラ化

【キャスト】
・伊藤英明
・加藤あい
・仲村トオル
・佐藤隆太 など

ドラマ・映画の実写『海猿』の良かったところや感想レビューについて詳しく見ていきます。

実写(ドラマ映画)の良い点

実写版『海猿』の良かったところとして言われているのがこちらです。

<ドラマ映画の良い点>
・潜水のシーンがリアル
・迫力がある
・キャストがいい

ドラマや映画では、「映像」で潜水や人命救助のシーンが見れるので、そのリアルさが評価されています。

特に映画館などで見ると、音響効果もあって迫力もプラスされますよね!

また、出演しているキャストも良く、面白かったと言われていましたよ。

実写(ドラマ映画)の感想

『海猿』ドラマや映画の感想やレビューをご紹介していきますね。

映画もドラマも「感動する」「面白かった」という感想がありました。

「伊藤英明と佐藤隆太のバディがかっこいい」

「緊迫感が伝わるし、ハラハラドキドキして感動した」

「すごく泣ける映画で、ストーリーも面白かった」

ドラマ・映画の『海猿』はストーリーも面白く、感動する作品だという声が多くありましたよ。

一方で…

「恋愛要素はいらなかったかな…」
「原作と違うのがちょっと」

原作と異なる設定などが残念だったレビューも見受けられました。

まとめ

『海猿』の原作とドラマ映画の違うところや、感想・レビューについてまとめました。

『海猿』の原作漫画と実写ドラマ・映画の違いは次の通りです。

【原作と実写の違い】
・主人公・仙崎大輔のキャラ設定
・ヒロインの設定
・ストーリーの描かれ方

『海猿』の原作漫画とドラマ映画の良い点はこちらです。

<原作漫画の良い点>
・海猿の仕事がリアルに描かれている
・命の大切さが伝わる
・人の表情など絵柄も迫力がある

<ドラマ映画の良い点>
・潜水のシーンがリアル
・迫力がある
・キャストがいい

原作漫画の感想は、「潜水士の仕事のリアルさが伝わる」「絵柄も迫力があり面白かった」と高評価です。

ドラマ映画の感想も、「キャストがかっこよかった」「潜水シーンがリアル」などの感想がありました。

一方で、原作と異なる設定やストーリー展開なのが残念だという声も聞かれました。

原作と違うけれど、漫画と実写は別物として楽しんでいるというファンの方もいらっしゃいましたよ♪

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次